”エリコノキマグレ”ではミシン担当の気まぐれによって突然何か登場します。
毎日の「楽しいな」を増やす、ポップなものが多めです。